肉まん好きの、肉まん好きによる、肉まん好きのための総合メディア

2019年ローソンの中華まんはココが違う!

今年も中華まんの人気・注目度は高いです。
コンビニ各社も夏頃から既に新シーズンの中華まんについて発表を行なっていることからも明らかです。2017年、2018年度シーズンがコンビニの肉まんは火のついたマーケットで、コンビニ各社もコレをチャンスと捉え、開発にも力を入れてますよね。
ここでは、そんなコンビニ各社のこだわりをお伝えしていきます。本日は大手コンビニチェーンLAWSONの中華まんの
こだわりをプレスリリースを基に紹介します。

氷温®熟成豚肉で肉まんがさらに美味しく!?

ローソンの中華まんは、定番商品の肉まんの改良に力を入れてるみたいですね。特に気になったのが、氷温®熟成豚肉を使用しているといういこと。

氷温食品と認定された豚肉を使用することでよりジューシーな仕上がりになるんだとか。

2019年の特徴

  1. 具材の旨み・味わいと、生地の食感にこだわった、中華まん定番メニュー
  2. 間食としても楽しめる“スイーツまん” 

ローソンの特徴は、スイーツまんの展開でしょうか。個人的にも甘い菓子パンを買うよりも温かい中華まんの生地に包まれたスイーツまんは断然オススメです。アンまんも良いけど甘いスイーツ餡とふわもちの生地は新たなスイーツジャンルとして、ポジションが確立されてくるのではないかと個人的に期待しています。

注目の3種類

ジューシー肉まん

<価格>
・税込130円
<特長>
・氷温域で熟成させたジューシーな食感と旨みのある味わいが特徴の「氷温®熟成豚肉」(※1)(※2)を使用
・肩ロース肉・うで肉を、オイスターエキス・洋風だしで味付け
・ふわふわ・もちもちとした食感の生地を使用
※1:「氷温®」は登録商標です。※2:「氷温®熟成豚肉」は、公益社団法人氷温協会より氷温食品として認定されています。

とろーりチーズのピザまん

<価格>
・税込130円
<特長>
・モッツァレラ、ゴーダ、チェダー、パルメザンの4種類のチーズを使ったチーズソースを使用
・高リコピントマトペーストにエクストラバージンオイルを加え、風味をきかせたトマトソースを使用
・ふわふわ・もちもちとした食感の生地を使用

マロンまん

<価格>
・税込150円
<特長>
・イタリア産栗を使用したマロングラッセに白あんをあわせ、ラムをベースとした栗の和酒で香り付けした“栗餡”を使用
・粗めに砕いたイタリア産の栗を使用

スイーツまんに力を入れるローソン

ローソンは定番のあんまんに加え、オリジナルのスイーツまんに注力しています。最初は季節に合わせてマロンまんを販売しました。次はどのようなスイーツまんを出してくるか楽しみですね。
これからは菓子パンの代わりにスイーツまんという時代になるかもしれません。

今回はローソンの中華まんに関するニュースリリースを参照しました。 詳細を知りたい方はコチラをご確認ください。

参照元:LAWSON ニュースリリース
中具の“旨み“と生地の“食感”にこだわった
7月30日(火)より順次、全国のローソン店舗で
2019年度版「中華まん」販売開始
最新情報をチェックしよう!